女子力高い人がモテる理由

トップページ > 女子力高い人がモテる理由

女子力高い人がモテる理由とは?

女子力高い人に対して女性が憧れを抱くのはわかりますが、なぜ異性からも女子力高い人がモテるのでしょうか?
それは、女子力高い人=男性の理想だからです。

男性は、女性に対していくつもの理想を持っています。
よく男性は夢見がちだとか言いますが、これは女性に対しても同じことです。

女性は男性に対して、年収や堅実さなどの現実的な側面を見る人が多いですが、男性は料理上手だったり、気が利く人を理想とする人が多いです。
これは、どちらも将来性を見たもので、女性の場合は結婚した後の生活を見ているのに対し、男性は結婚後に女性が家にいてくれるか、を見ています。
ですから、女子力高い人=お嫁にしたい人、とも言えます。

そもそも、現代では女性的な差別は少なくなってきたものの、それでも男尊女卑の時代からそう長い期間は経っていません。そのため、未だに男性は結婚後に仕事を辞めて家庭に入って欲しいと考えている人が、意外にも多いのです。

なぜ女子力高い人=理想の嫁になる?

まず、容姿の部分ですが、男性はいつまで経っても女性には綺麗で若々しくいて欲しいと望むもの。
それに対して、女子力高い人は、いつも容姿に気を配り、自分を美しく見せようとする努力を欠かしません。

その他にも、亭主関白という言葉があるように、男性は女性には手を差し出したらお茶を持ってくる、というように「言わなくてもわかる」のが理想と考えています。これは男性にとって非常に魅力的です。

それ以外では、料理上手な人は言わずもが。家庭に入ったときに安心して台所を任せられますし、子供が生まれた後も子供を健康に保ってくれる側面があります。
近頃では、メシマズという言葉が流行っているように、結婚した後に嫁の飯がまずくて辛い…という事例がよくありますからね。

女子力が低いと良妻にはなれない?

そこで、女子力高い人ではないと結婚ができないの?という疑問が湧いてきます。
結論から言わせてもらえれば、そんなことはありません。
ですが、もともと女子力の低い人が結婚後も変わることなく女子力が低いままであれば、離婚する危険性は十分にあります。

生まれたときから女子力高い人、というのはそうそういません。というよりも、まずいないと言った方がいいでしょう。
もちろん、得手不得手はあるかとは思いますが、女子力高い人というのは、成長していく中で自分に合った女子力の磨き方を上手に理解した人、と言ったほうがいいかもしれません。
なので、女子力が低くても結婚して、その後もずっと幸せに暮らしているという人がいれば、その人は旦那さんのために相当な努力をした人と言っていいでしょう。

女子力を磨くことに終わりはありません。
あなたが良妻になりたいと思っているのであれば、結婚したからと言って気を抜かず、むしろ今まで以上に女性らしくあるための努力をしなければならないでしょう。

関連コンテンツ